おでん専門のポータルサイト「おでんマガジン」


最新おでんトピックス
TOP > 最新おでんトピックス > 意外にしっくり。疲れた胃袋には「冷やし夏おでん」
意外にしっくり。疲れた胃袋には「冷やし夏おでん」

最新おでんトピックス

意外にしっくり。疲れた胃袋には「冷やし夏おでん」

up2009.07.28

梅雨も過ぎ去り、気づけばいつもの通勤電車内には夏休みの子ども達が。
今年も暑い夏がやってきました。

大人になっても夏が来るとワクワクする私。
しかし、そんな心とは裏腹に、どうも体は夏バテ気味。

それもそうです。
だって室内と室外の温度差が激しいですし、オフィスや電車のエアコンもダルさを誘います。
何より、日差しや湿気が体力をどんどん蝕んで行くのです。
寝苦しい夜のせいで睡眠不足だし・・・

そんな時には焼き肉やうなぎを食べて、精力つけて頑張って・・・

体育会じゃあるまいし、そんなの毎日は無理です(たまにはいいけど)。

エスニック系の辛い料理で汗をかいたり、はたまた冷やしうどんやざるそば、冷やし中華などのあっさりしたものも夏場はいいですね。
キュウリやトマト、スイカにメロン・・・水っぽい食材に魅かれます。

こうして、ついつい定番のものばかりが食卓に並び、単調になってしまうのが夏場の食事。
いくら食べやすいと言っても、同じものばかりを繰り返し食べていたのでは飽きてしまいます。

暑い→食べやすいものを食べる→飽きる→食欲減退→夏バテ加速

こんな悪循環に陥っていませんか?

心の声を聞いて見てください。胃袋の叫びに耳を傾けてあげてください。
素材の旨み・栄養分が凝縮されていて、それでいてあっさりと食べやすいもの。
矛盾しているかもしれませんが、欲しているのはそんな食事なのです。

そう、冬場に食べるおでんや鍋もののような・・・

そんなあなたに朗報です。
夏でも食べられるおでんがあるのです。

夏におでん!?

意外に思われるでしょう。私もです(笑)。

おでんと言えば、寒い季節のもの。
そんなイメージがあります。
熱燗や焼酎などでチビチビやりながら、体を芯から温めてくれるおでん。

コンビニでも、夏はおでんコーナーは撤去されていますし。

しかし、上にも書いたように、旨みや栄養分が凝縮されているのもおでんの良いところ。
この長所を夏場にも応用したのが、この「冷やし夏おでん」なのです。

もちろん夏向けということで、ダシも鯛とかつおのさっぱり味。
具材は定番の、
 ● 大根
 ● 玉子
 ● しらたき

に加え、
 ● 枝豆天
 ● とうもろこし団子

という季節感あふれるものをチョイス。

冷蔵庫に入れてしっかり冷やしてから食べれば、
暑さで疲れた胃袋に、一服の清涼感が得られます。
あっさりとした口あたりながらしっかりとした味わいは、栄養補給という面でも効果的。
この上に生姜を載せたりすれば、さらに爽快さも増します。

それでいて、おでん好きならこだわりたい、具材の絶妙な固さ、噛み応えも冬そのまま。
さすがに玉子は半熟ではありませんが、ゆで加減は文句なし!
しらたきも、まるで冷麺のような感触ですね。

また、このさっぱりとした味わいは、お酒の邪魔にもなりません。
ビールや冷酒、はたまた麦茶。夏の食事のお供になるこれらの飲み物とも、すんなりと馴染むのは嬉しい限り。

こうやって胃袋に負担の少ないものを食べながら、しっかりと栄養を取ることができる。
あなたの贅沢な悩みを解決してくれるのです。

夏場の新しい献立に、そしてアクセントに。
食べ切りサイズの「冷やし夏おでん」、オススメします。


 
  • 最新おでんトピックス
  • こだわりおでんレシピ
  • ベジフルビューティアドバイザーMAKIの ハッピーベジタブル
  • 食べ歩きおでん日記 つれづれおでん
  • 月間オシャレ系おでんランキング
  • おでんトリビア
オシャレ系おでん屋さん特集@TOKYO
クチコミ募集

 
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 運営会社
  • お問い合わせ
  • このサイトへのリンク
  • リンク