おでん専門のポータルサイト「おでんマガジン」


ベジフルビューティアドバイザーMAKIの「ハッピーベジタブル」
旬の季節を逃したくない! タケノコ

ベジフルビューティアドバイザーMAKIの「ハッピーベジタブル」

旬の季節を逃したくない! タケノコ

up2008.04.23

すっかり春ですねぇ。というか、世の中もうじきゴールデンウィーク!?
皆さまは、もうお遊び計画たてました??(笑)
毎年この時期になると、今年はどこどこの海外へ・・・・という話題をニュースでもやっていたりしますが。今年はどこの国が多いのかしら???

私は当然それどころじゃなく、お家→スタジオ→お家→スタジオの繰り返し(苦笑)でも日々学ぶべきこと多く、とても充実した毎日デス。
そう皆さま、見て下さっていますか〜? ものすごい展開に、ハマってますか〜?(笑)
いよいよゴールデンウィーク明け、5月5日から第二部が始まります。
私演じる「沢木真帆」が大人になり・・・・・。より一層のすごい展開、ぜひともご覧下さいませ。

さぁ、そんな日々を過ごしている私ですが、相変わらず(笑)美味しいものはしっかり頂いてますよ。
だって今しかない旬のもの、ここで逃したらまた一年先ですもん。
そんなに待ってはいられません(苦笑)

今回ご紹介するお野菜は「タケノコ」です。タケノコというと、私はすぐに我が母を思い出します。というのも、大のタケノコ好き!!
この時期になると、我が家は毎日のように(それはちょっとオーバーか。笑)タケノコが登場。
だからよく言うおふくろの味も、このタケノコを使ったお料理。
これは次回のレシピで、ご紹介させて頂きます。私も大好きな一品です。

胃腸環境をととのえ食物繊維も豊富だから、ダイエットにも最適

タケノコまず栄養面では、タンパク質が豊富、ビタミンB1、B2、ミネラルを含みます。食物繊維も豊富で便秘の予防や改善、コレステロールの吸収を抑え、体外に排出してくれる作用もあるのでダイエットにも最適。
しかも低カロリーなので、ぴったりですね。
さらには腸内環境もよくする働きもあるので、大腸がん予防にも効果があると言われています。わずかにはなりますがカリウムも含まれ、体内のナトリウムを排出する効果があるので、高血圧予防にもなります。

うまみ成分はグルタミン酸やチロシン、アスパラギン酸などのアミノ酸によるものです。このアスパラギン酸は、グリーンアスパラガスにも含まれる成分で、疲労回復に効果があります。たけのこをゆでたときに間に白いツブツブがありますが、これはチロシンで体に害はないのでご安心を。

春の野菜のえぐみやアクは、冬に溜まった毒素を排出する

よく言われる「えぐみ」というのは、ホモゲンチジン酸や蓚酸のことで、掘り出してから時間が経つごとに増加していくと言われています。
春にはこういったえぐみやアクの強いお野菜が多いですが、これは冬に溜まってしまった毒素を排出してくれる作用もあるので、決して悪いものだけではないのですね。

ただ精が強い食物なので、食べ過ぎると吹き出物やアレルギーに似た症状が出てしまうこともあるので、注意が必要ですよ。何でもそうですが、いくら体に良いものでも、摂りすぎはよくないですし、毎日同じものばかりというのもかえってバランスが悪くなってしまうし・・・・・。
色々なものをまんべんなく!! が理想ですよね。
(・・・・と言っておきながら、私もかなりの凝り性で(苦笑)一度お気に入りのものを見つけると、納得いくまで食べてしまう!!なんてときも。いやはや、これは栄養うんぬんなんて述べてる人が・・・・と深く反省しつつ)

選ぶときのポイント。忙しいときは加工済みのものでも

選ぶときのポイントですが、タケノコは鮮度が命!! 皮につやがあり、産毛のそろった切り口のみずみずしいものを選ぶようにして下さい。
大きさの割りに軽いものは、水分がなくなり鮮度が落ちているものが多いです。
穂先が黄色でなく緑色になっているものは、育ちすぎでえぐみが強いので避けて下さいね。タケノコは時間が経つとアクが強くなるので、水煮加工して販売もしています。これは調理も楽だし一年中手に入るので、有効活用しない手はありません。旬の時期にはもちろん生を購入して、自分でゆでる方がいいけれど、忙しいとそうもいかないですもんね。この時期なら八百屋さんで朝掘りをすぐゆでたものも売っているので、水煮より香りもよく新鮮なのでおススメです。次回のレシピは、それを使っていますので参考にして下さい。

調理のポイントはすぐに下ゆですること

保存方法は、生のままで買ってきた場合そのまま放っておくと固くなってえぐみが増してしまうので、必ずすぐに下ゆでであく抜きして下さい。
あく抜きしたら水につけて密封容器に入れ、冷蔵庫で保存します。時々水をかえれば10日ほどは大丈夫ですが、やはり早く食べた方が美味しいですよ。
水煮を買った場合、お水を入れた容器に移しかえて冷蔵庫で保存。
賞味期限内には食べきるようにして下さいね。食物繊維が多いので冷凍保存には向きません。冷凍するとベタベタになり、食感も風味もかなり落ちてしまうからです。お野菜の性質をよく理解して、保存方法も気をつけないといけないですね。

はじめにもお話しましたが、来週は吉田家おふくろの味をご紹介しちゃいます。
お楽しみに。
 
関連記事
  • 最新おでんトピックス
  • こだわりおでんレシピ
  • ベジフルビューティアドバイザーMAKIの ハッピーベジタブル
  • 食べ歩きおでん日記 つれづれおでん
  • 月間オシャレ系おでんランキング
  • おでんトリビア
オシャレ系おでん屋さん特集@TOKYO
クチコミ募集

 
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 運営会社
  • お問い合わせ
  • このサイトへのリンク
  • リンク